相続,建設業許可なら,茨城県つくば市の森木行政書士事務所へ。無料相談実施中。

相続人の調査

 
 相続は、誰でも出来る訳ではありません。
 相続できる人と、相続できない人がいるのです。
 これは、法律で定められているので、相続したいといって勝手に相続人になること
 はできません。
 この法律で決められている人を、法定相続人といいます。
 この例外としては、遺言書に相続人として挙げられている場合があります。
 
 相続人調査とは、遺言書の有無、そして相続人となり得る方の関係を調査して
 明確にすることをいいます。
 相続人調査は、戸籍を取り寄せて厳密に行います。
 相続手続をするためには、戸籍謄本などを取り寄せて相続人の特定をしなければ
 なりません  
 また、遺言書を作成する際にも相続人の調査が必要不可欠となります。

 ※被相続人の出生から死亡までの戸籍を調査します。
 ※被相続人の戸籍謄本、改製原戸籍謄本、除籍謄本等を市役所等から取り寄せ
  ます。
 ※相続の名義変更は、現預金や自動車等の動産、土地・建物等の不動産と多岐
  に渡る非常に重要なプロセスですが、相続人調査を行わず、万一、相続人に漏
  れがあると、すべての遺産相続は無効となってしまいます。
  このため、厳密な相続人調査が必要となるのです。


法定相続人

 法律で、相続人になれる優先順位が以下のように定められています。

 1.配偶者(妻または夫)は、常に相続人となります。
 
 2.血族相続人
   ・第1順位 子供と代襲相続人(被相続人からみて、孫・ひ孫にあたる人
   ・第2順位 父・母(父母の両方が亡くなっているときは、祖父母)
   ・第3順位 兄弟姉妹と代襲相続人(兄弟姉妹の子) 
 
 3.胎児 (相続においては、既に生まれた人とみなされ、相続人となります)

 ☆『代襲相続』
    代襲相続とは、相続人である子又は兄弟姉妹が死亡している等の場合に、
    その相続人の子供が代わりに相続人となることをいいます。
    その相続人の子供も亡くなっている場合は、その子(被相続人からすると
    「孫」)が代襲相続します。
    孫も亡くなっていた場合は、又その子(「玄孫」)へと代襲されます。
    
    この代襲相続は、直系尊属には認められていませんから、被相続人の
    父母がいずれも死亡し、祖父母は生存していても代襲相続人になりません。
    (この場合の祖父母は、代襲相続人にはなりませんが、第2順位の相続人
     となります。)
       
    兄弟姉妹が相続人である場合は、その子(「甥・姪」)が代襲することとなり
    ます。
    兄弟姉妹が相続人の場合は、甥・姪以降は代襲されません。
       
 つまり、法定相続のルールは、大きくは次に挙げる①~③となります。
 ①第1順位である子供がいると、妻と子供が相続人となります。
 ②第1順位である子供以下が一人もいないときは、第2順位である父母が
   相続人となります。
 ③父母より上の人たちもいないときには、第3順位である兄弟姉妹が相続人と
   なります。


相続人になれない人

 
 
   ◎相続の権利を失う場合 (← 相続人側に責任あり)  
     ①被相続人を殺してしまったとき (他の相続人を殺してしまったとき)
     ②遺言を強要したとき (詐欺や脅迫によって遺言させた場合)
     ③遺言の変更・取り消しを妨害したとき
     ④遺言を偽造したとき
     ⑤被相続人の殺害を知りながら無視したとき(告発・告訴しなかったとき)

   ◎被相続人による排除の場合 (→ 家庭裁判所に請求します)
     ①被相続人を虐待した事実があったとき
     ②被相続人に対し重大な侮辱があったとき
     ③相続人に著しい非行があったとき

   ※排除された場合でも代襲相続は認められます。
   ※相続の放棄があった場合は代襲相続は認められません。
 

お気軽にお問合わせください。
                                
                    

 お問合わせ: 029-850-6004
 森木行政書士事務所の安心納得!無料相談